agaは食べるものが影響する?aga対策ができる栄養素のまとめ

agaの原因と食べ物との関係

agaなど男性で髪の悩みをもつ方は、1,000万人をはるかに超えるといわれ、適切な対策が重要だとされています。agaを発症する大きな原因の一つは、遺伝です。遺伝には特定の男性ホルモンや還元酵素といった体内物質が関係していて、他の発症原因とされる生活習慣や食生活、頭皮の環境が悪化すると発毛のサイクルが乱れ、薄毛などが目立つようになります。そのため、agaが発症したり悪化することを防ぐためにも、自分でコントロールできる生活習慣や食生活、頭皮環境は大切にしたいものです。

では、agaに食事がどのように関係するのでしょうか。まず、規則正しい食事をとらなかったり、栄養が偏るなど食生活が乱れてしまうと、毛髪の土台である頭皮に必要な栄養素が届きにくくなります。さらに、脂肪分を多く含む食生活を続けると、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、血液がドロドロの状態となり血流が悪くなります。頭皮の環境には十分な栄養と血流が必要なため、脂肪の取りすぎはagaの原因や悪化させる要因となります。

aga対策に適した栄養素とは

agaは特定の男性ホルモンと還元酵素が結びつくことで、脱毛を誘発するホルモンができることで起こりますが、そのホルモン自体を抑制する働きがある栄養素が、イソフラボンと亜鉛です。イソフラボンは納豆や豆腐に多く含まれ、亜鉛は牡蠣や煮干し、チーズなどで効果的に摂取できるとされています。その中でも日常生活で取り入れやすく、両方の栄養素が入っている食材が、納豆とゴマです。1日に1食でも良いので、定期的に食べるよう心がけるとよいでしょう。

agaを京都で解消するためには、クリニックに相談するのが得策です。カウンセリングを受けると原因に応じた治療を進めてくれます。